★えっ?ぜいたくレッドスムージーに特典がついてくる?★
ここでしかない豪華特典をゲットしてみてください!
簡単に痩せる秘密のテクニック大公開!
今すぐお友達登録してみてくださいね^^

★最安値公式サイトはコチラ!★


美しい道端アンジェリカさんもおすすめしているのが、ぜいたくレッドスムージーです!

ここでは、ぜいたくレッドスムージーのダイエット効果をしっかりと活かすための飲み方やアレンジレシピについてご紹介していきますね。

また、すっきりレッドスムージーと似た商品とのカロリーの違いについてもご紹介していきます。

ぜいたくレッドスムージーを購入するときは、公式サイトのキャンペーンを利用して、お得に購入しましょう。

ぜいたくレッドスムージーを効果的に飲もう!

最近は、フルーツや野菜が豊富に配合されている赤いスムージーが大人気となっていますね。

赤くて華やかなので見ためがキレイだし、フルーツ風味で美味しいです。さらに、カロリーも低いので女性にとっては嬉しいことばかりです。

口コミやSNSでも話題になっているぜいたくレッドスムージーは、ダイエットや美容のために飲んでいる人がたくさんいます。

モデルの道端アンジェリカさんもおすすめされていますよね。

ぜいたくレッドスムージーは、とても簡単に飲むことができます。

基本の飲み方以外にアレンジレシピも豊富なので、飽きることなく飲み続けることができるでしょう。

では、アレンジレシピをご紹介していきますね!

ぜいたくレッドスムージーの飲み方・3ステップ

では、ぜいたくレッドスムージーの飲み方からです。

基本的に、3ステップで作ることが可能です。

ぜいたくレッドスムージーは、家にあるもので作れるしミキサーもいりません。

ステップ①ぜいたくレッドスムージー1包をグラスに入れる

ぜいたくレッドスムージーは、1箱30包入りです。

様々な成分が豊富に配合されているぜいたくレッドスムージーの1包を、まずはグラスに入れましょう。

ステップ②100〜150mlの水をグラスに入れる

ぜいたくレッドスムージーは、1包につき100〜150mlの水を入れます。

入れる水の量に厳しい決まりはないのですが、私は濃いと甘すぎに感じます。

なので、水は150mlをおすすめします。

ステップ③水とぜいたくレッドスムージーを混ぜる

ぜいたくレッドスムージーの粉末が水に溶けるように、しっかりと混ぜましょう。

マドラーやスプーンを使うと混ぜやすいです。

粉末が固まってしまったら、スプーンの背で潰すようにするのがポイントです。

水を入れて混ぜるだけなので、とても簡単ですね!

ぜいたくレッドスムージーのアレンジレシピをご紹介!

ぜいたくレッドスムージーは、水と混ぜるだけでも美味しいのですが、毎日飲み続けるためにはアレンジすることをおすすめします。

味に飽きてしまって継続できなくなったら大変ですよね。

では、私が実際にトライしたぜいたくレッドスムージーのアレンジレシピをご紹介していきますね。

アレンジレシピ①牛乳に混ぜる ・難易度1/5

水に混ぜるのがぜいたくレッドスムージーの基本の飲み方ですが、牛乳に混ぜて飲むとかなり美味しいです。

味が柔らかくなるし、「水に混ぜて飲むと甘すぎる」という人にもおすすめです。

カロリーの目安(牛乳150ml)
ぜいたくレッドスムージー1包9.6+牛乳103.5=113.1カロリー
ぜいたくレッドスムージー1包9.6+低脂肪牛乳72=81.6カロリー

アレンジレシピ②豆乳に混ぜる・難易度1/5

牛乳のようなレシピですが、ぜいたくレッドスムージーを豆乳に混ぜる飲み方もぜひ試してみてくださいね!

豆乳には女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれているので、女性に嬉しいメリットがあります。

ダイエットをしている場合は、低カロリーの豆乳を使用しましょう。

ちなみに私は、カロリー45%オフの豆乳を使っています。

カロリーの目安(調整豆乳150ml)
ぜいたくレッドスムージー1包9.6+豆乳99=108.6カロリー

アレンジレシピ③ヨーグルトや飲むヨーグルトに混ぜる・難易度2/5

ぜいたくレッドスムージーは、食べ物に混ぜるのもOKです!

プレーンヨーグルトにぜいたくレッドスムージーの粉末を入れたら、ベリーのような味になるので美味です。

また、飲むヨーグルトに混ぜても美味しく飲むことができます。

朝食として使えるアレンジレシピになりますね。

カロリーの目安(ヨーグルト120グラム)
ぜいたくレッドスムージー1包9.6+ヨーグルト74=83.6カロリー

カロリーの目安(飲むヨーグルト150ml)

ぜいたくレッドスムージー1包9.6+飲むヨーグルト105=114.6カロリー

アレンジレシピ④パフェ・難易度3/5

では、自分へのご褒美のためのアレンジレシピをご紹介します!

アイス、ヨーグルト、果物、グラノーラを器に入れて、パフェを作りましょう。

ぜいたくレッドスムージーは、ヨーグルトなどに入れるとパフェに合います。

カロリーはトッピングによるのですが、やはり牛乳や豆乳に混ぜるレシピよりはカロリーは高くなってしまいます。

なので、自分へのご褒美として特別なときにパフェを楽しんでくださいね。

アレンジレシピ⑤アイス・難易度4/5

ぜいたくレッドスムージーを使って、なんとアイスバーを作ることができるのです!

作り方はそんなに難しくはありませんが、道具と少しの手間がかかります。

アイスバーの作り方

①ぜいたくレッドスムージー1包と水またはヨーグルト100ccを混ぜます。
②アイスキャンディー用の型に、お好みのフルーツを入れてから①を流し入れましょう。

③型に棒を刺して、冷凍庫で4、5時間冷やせば出来上がりです。

カロリーの点では水と混ぜるほうが良いのですが、ヨーグルト入りのアイスの方が私は好きです。

アイスが食べたいときは、ぜひカロリーの低いぜいたくレッドスムージーアイスを作ってみてくださいね!